Month: August 2019
勃起不全を回避する勃起薬はバイアグラだけ?

勃起不全は男の一大事です。 勃起できないことでパートナーをがっかりさせてしまいますし、自信を喪失してしまう男性も少なくありません。 ところが現代では勃起をしやすくさせ、継続させてくれる勃起薬も存在しています。 勃起不全に悩む男性の救世主、自信の源ですが、勃起薬にはバイアグラしかないのでしょうか。 日本で認可されている勃起薬は、バイアグラ以外に2つあります。 レビトラとシアリスです。 この2つは基本的には、バイアグラと同じ仕組みで勃起を継続させるのですが、副作用が出にくかったり服用タイミングが簡単など使い勝手がよくなっています。 バイアグラの改良版といった感じのお薬です。 バイアグラは食事の影響を受けやすいので、食後2時間は服用できないという特徴があります。 おいしいディナーを食べたりお酒を飲んだりした直後に愛し合う予定のカップルはバイアグラでは勃起不全を解消できず悲しい事になります。 このようなシチュエーションでは、第二の勃起薬とも呼ばれるレビトラの出番です。 レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくい性質を持っています。 空腹時の方が勃起薬はよく効くのですが、レビトラなら食後でも効きやすいのでおいしいご飯を食べた後の幸福感漂う良いムードの中で愛し合える可能性が高いでしょう。 最新の勃起薬であるシアリスは、持続時間が最大で36時間という強者です。 こちらも食事の影響を受けにくいので服用タイミングを気にしなくて大丈夫です。 更にこの勃起薬が優れている点は、頭痛や顔のほてりなどの副作用が起きないところです。 行為に集中することができます。 ただ、安全性の面で見ると、世界で広く使われているバイアグラが最も安心して使える勃起薬です。 服用タイミングやリスクを考慮した上で、自分に合った勃起不全のお薬を選びましょう。

2019年08月26日
心因性の勃起不全の解決法について

心因性の勃起不全になってしまった場合解決法はどのようなものがあるのでしょうか。 心因性の原因となるものはいろいろと考えられます。 たとえば、仕事上のストレスや失敗、対人関係の悩みなどがあります。 経済的な悩み、肉体的なコンプレックスなども勃起不全を引き起こします。 また、家庭でのストレスやパートナーとの関係なども心因性の勃起不全を引き起こすことがあります。 また一度性行為を失敗してしまうと自分に自信がなくなってしまい勃起不全になってしまうこともあります。 また、現在の生活に不満はないけれど、幼児期の体験がトラウマになってしまったというケースもあります。 そのような状態になったとき解決法としてはカウンセリングがあります。 自分の思いのたけをカウンセラーにゆっくり聞いてもらう事で、解決に至る事もままある事です。 またパートナーの協力も不可欠です。 パートナーとの関係がぎくしゃくしていると性生活に大きな影響をもたらすので、お互いに思いやりを持ちあうことが大事です。 二人でじっくり話し合ったり、時には場所を変えて旅行に行ったりすると相手との新しい関係が築けることがあるのです。 また、勃起不全を解決するためにクリニックを利用するのも良い方法です。 医師がED治療薬を処方してくれることがあるので薬の服用をします。 EDの専門機関で診察を受けてみたり、心療内科等を受診するのも良い解決法です。 また他には精力増強サプリメントを使ってみるという方法もあります。 心因性の場合は問題が解決すれば治癒することも多く、一人で悩むのは厳禁です。 一人で悩めば悩むほど良くない方向に行ってしまうこともあり得ます。 時には仕事を休養してゆっくり過ごす事で回復することもあります。

2019年08月07日