Month: June 2019
勃起不全と煙草の関係性について

最近、勃起不全の男性が増えている言う話をよく聞きます。 勃起不全とは、男性のペニスが増大せずに勃起できない状態です。 すると、男性として自信が持てないばかりでなく、女性との性交も難しくなります。 その原因は、食生活の乱れや仕事のストレスや血管系の病気など色々ありますが、その中でも、煙草と勃起不全の関係性があげられています。 煙草は、その成分のニコチンやタールを灰から吸い込み、血液中にそれらを溶かし込みます。 それが煙草の役割です。 血液に不純物が取り込まれると、血液の流れは当然悪くなります。 その結果、脳にも十分な血液が流れなくなり、脳は何も考えることができなくなります。 しかし、その状態を人は「頭がすっとした」と感じてしまいます。 これが「煙草をすうと頭がすっきりした」ように感じてしまうメカニズムです。 これと同じ血液の停滞がペニスにも起きるとどうなるでしょうか? それを理解するためには、勃起の仕組みを知ることです。 実は、たくましいペニスそのものには、筋肉はありません。 ペニスを大きくしているものは、ペニスの竿の部分ある海綿体に大量の血液を流し込むBC筋とそのあとに栓の役目をするPC筋と呼ばれる筋肉だったのです。 つまり、ペニスの増大は、BC筋とPC筋によって海綿体にパンパンに送られた血液だったのです。 ところが、先ほどの煙草の作用で、血液がうまく流れなかったり血液が停滞していたらどうなるでしょう?海綿体に血液が勢いよく流れにくくなります。 すると、ペニスがパンパンにならず、勃起力が弱まり、その結果、勃起不全となります。 このように、勃起不全は血管系統の障害によるところが大きいです。 なぜなら、海綿体への血液の流れだからです。 そのために、煙草と勃起不全の関係性は古くから注目されてきました。 最近では、関係性どころか「喫煙、高血圧、糖尿病」は三大原因といわれています。

2019年06月19日
ED治療薬は効果的に過去のトラウマを解決

実際問題として男女の恋愛は楽しい時間ばかりではありません。 女性から一方的にフラれてしまう事や性行為に失敗する事など、ネガティブな出来事も数多いです。 大抵の場合、そういったネガティブな失敗談は時間と共に上手く忘れられます。 しかし、挿入に失敗し彼女に罵声を浴びせられた経験や中折れや早漏によって性行為を挫折してしまった失敗談などは、なかなか時が解決してくれず、大きなトラウマになるものです。 恋愛のトラウマは男性機能を大幅に低下させます。有り体に言えば過去のトラウマは精力減退やPEを生じさせるのです。 一年、二年と時間を掛けても解決の糸口が見いだせない場合は、素直にED治療薬など、実用的な手段に頼りましょう。 心理的な要因によって引き起こされた精力減退や勃起不全は、自分の頑張りだけでは克服不可能です。 次の恋人の前でも再び早漏、勃起不全になってしまうのではないか、というネガティブな感情がフラッシュバックしてしまう男性も少なくありません。 心理的の勃起不全改善に良いED治療薬を、デート前に服用しておけば、そういった過去のトラウマを上手く乗り越えられるでしょう。 ED治療薬は特別な成分で作られたお薬ですが、最近では身近な病院やネットからでも入手可能となりました。 新しい恋人とのホテルデートやおとまり旅行等、絶対に勃起不全を解決したい、というシチュエーションが出来た際は、有無をいわさずED治療薬に頼るべきです。 いわゆる常備薬とは違いED治療薬は毎日飲む必要はありません。 あくまで性行為時の健全な勃起を補助する薬であり、ベッドインする直前に一回分を服用するだけで完璧です。 携帯にも適した極めてコンパクトな薬ですから、デートの最中でも違和感なく、鞄等に保管出来るでしょう。

2019年06月07日