記事一覧
勃起不全を回避する勃起薬はバイアグラだけ?

勃起不全は男の一大事です。 勃起できないことでパートナーをがっかりさせてしまいますし、自信を喪失してしまう男性も少なくありません。 ところが現代では勃起をしやすくさせ、継続させてくれる勃起薬も存在しています。 勃起不全に悩む男性の救世主、自信の源ですが、勃起薬にはバイアグラしかないのでしょうか。 日本で認可されている勃起薬は、バイアグラ以外に2つあります。 レビトラとシアリスです。 この2つは基本的には、バイアグラと同じ仕組みで勃起を継続させるのですが、副作用が出にくかったり服用タイミングが簡単など使い勝手がよくなっています。 バイアグラの改良版といった感じのお薬です。 バイアグラは食事の影響を受けやすいので、食後2時間は服用できないという特徴があります。 おいしいディナーを食べたりお酒を飲んだりした直後に愛し合う予定のカップルはバイアグラでは勃起不全を解消できず悲しい事になります。 このようなシチュエーションでは、第二の勃起薬とも呼ばれるレビトラの出番です。 レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくい性質を持っています。 空腹時の方が勃起薬はよく効くのですが、レビトラなら食後でも効きやすいのでおいしいご飯を食べた後の幸福感漂う良いムードの中で愛し合える可能性が高いでしょう。 最新の勃起薬であるシアリスは、持続時間が最大で36時間という強者です。 こちらも食事の影響を受けにくいので服用タイミングを気にしなくて大丈夫です。 更にこの勃起薬が優れている点は、頭痛や顔のほてりなどの副作用が起きないところです。 行為に集中することができます。 ただ、安全性の面で見ると、世界で広く使われているバイアグラが最も安心して使える勃起薬です。 服用タイミングやリスクを考慮した上で、自分に合った勃起不全のお薬を選びましょう。

2019年08月26日
心因性の勃起不全の解決法について

心因性の勃起不全になってしまった場合解決法はどのようなものがあるのでしょうか。 心因性の原因となるものはいろいろと考えられます。 たとえば、仕事上のストレスや失敗、対人関係の悩みなどがあります。 経済的な悩み、肉体的なコンプレックスなども勃起不全を引き起こします。 また、家庭でのストレスやパートナーとの関係なども心因性の勃起不全を引き起こすことがあります。 また一度性行為を失敗してしまうと自分に自信がなくなってしまい勃起不全になってしまうこともあります。 また、現在の生活に不満はないけれど、幼児期の体験がトラウマになってしまったというケースもあります。 そのような状態になったとき解決法としてはカウンセリングがあります。 自分の思いのたけをカウンセラーにゆっくり聞いてもらう事で、解決に至る事もままある事です。 またパートナーの協力も不可欠です。 パートナーとの関係がぎくしゃくしていると性生活に大きな影響をもたらすので、お互いに思いやりを持ちあうことが大事です。 二人でじっくり話し合ったり、時には場所を変えて旅行に行ったりすると相手との新しい関係が築けることがあるのです。 また、勃起不全を解決するためにクリニックを利用するのも良い方法です。 医師がED治療薬を処方してくれることがあるので薬の服用をします。 EDの専門機関で診察を受けてみたり、心療内科等を受診するのも良い解決法です。 また他には精力増強サプリメントを使ってみるという方法もあります。 心因性の場合は問題が解決すれば治癒することも多く、一人で悩むのは厳禁です。 一人で悩めば悩むほど良くない方向に行ってしまうこともあり得ます。 時には仕事を休養してゆっくり過ごす事で回復することもあります。

2019年08月07日
ED予防には運動が必要な理由

ED予防には、運動が必要とされています。 勃起障害は、血行不良により骨盤内の血液の流れが阻害されることで引き起こされます。 血行不良は運動不足によっても引き起こされます。 また、運動不足により勃起力が衰えることがあります。 ED予防のためには、下半身を鍛える運動が必要です。 特にスクワットが適しています。 スクワットを行うことで、膀胱などの内臓器官が下に垂れ下がるのを支える筋肉群である骨盤底筋群を鍛えることができます。 さらに勃起中枢という神経のある腰椎も鍛えることができるため、ED予防につながります。 毎日少しずつ筋トレすることで鍛えることができます。 他にも、勃起力を高めるためには、男性ホルモンのテストステロンが必要になります。 男性ホルモンのテストステロンを分泌させるには、運動を定期的に行い筋肉を動かすことが有効です。 ストレッチなどの軽体操やウォーキングなどの有酸素運動です。 有酸素運動は、酸素の豊富な血液が全身に必要となり、体内の血流が早くなります。 体内の血流が早くなることで、血管の内膜から中膜に対して出る一酸化窒素の量が増えます。 一酸化窒素には、血管を拡張する作用があるため、ED予防につながります。 ED予防のためであれば、20分以下でも血流が良くなります。 定期的に続ける場合は、ラジオ体操や腹式呼吸、ヨガなども適しています。 ED予防のためにサイクリングを始める人もいますが、サイクリングは、EDを悪化させる要因になると考えられています。 理由としては、勃起に必要な神経や血管がサドルにより圧迫されてしまい、陰茎付近の血行が悪くなってしまうとされています。 1時間程度であれば、問題はないとされていますが、それ以上の時間自転車に乗っている場合には、要注意です。

2019年07月09日
勃起不全と煙草の関係性について

最近、勃起不全の男性が増えている言う話をよく聞きます。 勃起不全とは、男性のペニスが増大せずに勃起できない状態です。 すると、男性として自信が持てないばかりでなく、女性との性交も難しくなります。 その原因は、食生活の乱れや仕事のストレスや血管系の病気など色々ありますが、その中でも、煙草と勃起不全の関係性があげられています。 煙草は、その成分のニコチンやタールを灰から吸い込み、血液中にそれらを溶かし込みます。 それが煙草の役割です。 血液に不純物が取り込まれると、血液の流れは当然悪くなります。 その結果、脳にも十分な血液が流れなくなり、脳は何も考えることができなくなります。 しかし、その状態を人は「頭がすっとした」と感じてしまいます。 これが「煙草をすうと頭がすっきりした」ように感じてしまうメカニズムです。 これと同じ血液の停滞がペニスにも起きるとどうなるでしょうか? それを理解するためには、勃起の仕組みを知ることです。 実は、たくましいペニスそのものには、筋肉はありません。 ペニスを大きくしているものは、ペニスの竿の部分ある海綿体に大量の血液を流し込むBC筋とそのあとに栓の役目をするPC筋と呼ばれる筋肉だったのです。 つまり、ペニスの増大は、BC筋とPC筋によって海綿体にパンパンに送られた血液だったのです。 ところが、先ほどの煙草の作用で、血液がうまく流れなかったり血液が停滞していたらどうなるでしょう?海綿体に血液が勢いよく流れにくくなります。 すると、ペニスがパンパンにならず、勃起力が弱まり、その結果、勃起不全となります。 このように、勃起不全は血管系統の障害によるところが大きいです。 なぜなら、海綿体への血液の流れだからです。 そのために、煙草と勃起不全の関係性は古くから注目されてきました。 最近では、関係性どころか「喫煙、高血圧、糖尿病」は三大原因といわれています。

2019年06月19日
ED治療薬は効果的に過去のトラウマを解決

実際問題として男女の恋愛は楽しい時間ばかりではありません。 女性から一方的にフラれてしまう事や性行為に失敗する事など、ネガティブな出来事も数多いです。 大抵の場合、そういったネガティブな失敗談は時間と共に上手く忘れられます。 しかし、挿入に失敗し彼女に罵声を浴びせられた経験や中折れや早漏によって性行為を挫折してしまった失敗談などは、なかなか時が解決してくれず、大きなトラウマになるものです。 恋愛のトラウマは男性機能を大幅に低下させます。有り体に言えば過去のトラウマは精力減退やPEを生じさせるのです。 一年、二年と時間を掛けても解決の糸口が見いだせない場合は、素直にED治療薬など、実用的な手段に頼りましょう。 心理的な要因によって引き起こされた精力減退や勃起不全は、自分の頑張りだけでは克服不可能です。 次の恋人の前でも再び早漏、勃起不全になってしまうのではないか、というネガティブな感情がフラッシュバックしてしまう男性も少なくありません。 心理的の勃起不全改善に良いED治療薬を、デート前に服用しておけば、そういった過去のトラウマを上手く乗り越えられるでしょう。 ED治療薬は特別な成分で作られたお薬ですが、最近では身近な病院やネットからでも入手可能となりました。 新しい恋人とのホテルデートやおとまり旅行等、絶対に勃起不全を解決したい、というシチュエーションが出来た際は、有無をいわさずED治療薬に頼るべきです。 いわゆる常備薬とは違いED治療薬は毎日飲む必要はありません。 あくまで性行為時の健全な勃起を補助する薬であり、ベッドインする直前に一回分を服用するだけで完璧です。 携帯にも適した極めてコンパクトな薬ですから、デートの最中でも違和感なく、鞄等に保管出来るでしょう。

2019年06月07日